・熊本・大分の震災による災害を受けた地域の復興を応援しよう!

              

今月の賽銭箱

花岳寺
赤穂義士墓所

















 花岳寺は歴代赤穂藩主の浅野家、永井家、森家の菩提寺で、大石家の墓所も此所にあります。元禄16年(1703)2月4日、赤穂義士の切腹後に直ちに萬松山泉岳寺(東京高輪)に埋葬されました。赤穂市の花岳寺に義士の墓所が建てられたのは元文4年(1739)赤穂義士37回忌の時で、遺髪が納められているとのことです。また、義士木像堂には大石内蔵助が討ち入り時に肌身につけていた大石家の守り本尊である千手観音と四十七士の木像が安置されています。墓所の賽銭箱は銅板葺きの片流れ屋根の館型、サイズ(単位ミリ) 820w x 450d x 950h、奉納は昭和50年(1975)です。
 ・台雲山花岳寺(曹洞宗寺院)岡山県赤穂市加里屋。新西国三十三所観音霊場第31番札所、瀬戸内観音霊場第7番札所。(撮影 2016/06/08)


箱タイトル3b.jpg匠技

賽銭箱には、木工の箱組や彫刻、彫金や鋳金などの金工、石工や漆芸など、職人の巧みな技を発見することができます。

箱タイトル3b.jpg賽銭箱古噺

賽銭箱に関するおはなしです。

箱タイトル3b.jpg絵葉書に見る賽銭箱

明治後期から昭和前期の絵葉書の中に、近代の賽銭箱のすがたを見ることができます。

箱タイトル3b.jpg賽銭箱デザイン学会

賽銭箱デザイン学会は、